熊本で看護する!熊本県看護学生県内定着事業

これまでの取り組み

熊本大学看護学専攻のこれまでの取り組み

熊本大学ではこれまで、卒業生と在学生との情報交換会を行ってきました。
県内病院に就職した看護師・助産師、県内自治体に就職した保健師の先輩を講師として招聘し、県内就職を選んだ理由や県内就職のよさなどについて、お話しいただきました。
また、県内就職をした先輩の中でも、県内出身者・県外出身者・男性看護職など背景の異なる卒業生からさまざまな話を聞く機会を設けてきました。
2017年度の情報交換会における在学生の声を紹介します。

自分の興味のある小児科や大学教員の話を聴けたこと、男性職員の雰囲気を身近に感じられたこと(堂々としていてかっこよかった)がとてもよかったです。(1年生)

看護師の方のお話の中では、今の病院では新人看護師育成のためのプログラムが充実しているということを初めて知ることができました。学校と実際の現場の差の大きさに不安を感じていたのですが、少し解消することができました。保健師の方のお話からは、具体的な仕事の内容を聞くことができました。保健師の業務内容は知らないことも多かったので、とても貴重な経験でした。(1年生)

実際に職に就かれている先輩方のお話を聞いて、より具体的なイメージができた。特に看護師と保健師で、実際に働かれている方から、それぞれの良さや苦労した点などの生の声を聞くことができたので、イメージしやすかった。(2年生)

現場で実際に働かれている男性看護師・保健師さんの貴重な生の声を聴くことができて本当によかったです。今回の情報交換会でモチベーションを上げて、今後の勉強や実習に生かしていきたいと思いました。(2年生)

今回、情報交換会に参加して、職場での休暇やこれからのそれぞれ目指している道について話を幅広く聞くことができ、自分が看護師もしくは保健師として、将来働いている姿をイメージすることができました。男子でも肩身狭くならず、将来について、残り1年、今日教えてもらったことをきっかけに考えていきたいと思います。(3年生)

色んな職種の男性看護職の方とお話をすることができて、男性看護職は進む道がある程度限られていると思っていたが、様々な道に進むことが出来ることを知り、確実に将来の選択肢として視野を広げることができたと思う。これからも選択肢をせばめることなく、色んな視野を持ちつつ、就職活動に臨んでいきたいと思う。(3年生)

国試前だったけど、貴重なお話を聞くことができた。就職先の先輩もいらっしゃり、具体的な話を聞くことができて良かった。(4年生)